疲労回復ができて寝つきも良くなるおすすめドリンク

夕食後しばらくしたら、ティータイムを楽しむ、という人も多いでしょう。

 

しかしこの夜のティータイムでコーヒーや紅茶・日本茶・ウーロン茶などのカフェイン飲料を飲んでしまうと、
カフェインの覚醒作用が就寝時まで残ってしまうため、寝つきを悪くしてしまいます。

 

ですから疲れによる不眠を抱えている人は、ティータイムの飲み物も「疲労回復ができて、寝つきにもいいもの」を選ぶ必要があるというわけなんですよ。そのためのおすすめドリンクをご紹介しましょう。

 

「牛乳+ケールの粉末青汁」が最強の安眠ドリンク

牛乳が好きで、青汁も平気で飲める、という人におすすめしたいのが、
「ケール」でできた粉末青汁を、温めた牛乳に溶かして飲む「青汁牛乳」です。

 

これはもう、最強の疲労回復安眠ドリンクと言っていい存在なんですよ。
なぜかというと、まず、牛乳には、神経の興奮を落ち着けさせてくれるカルシウム、メラトニンの生成に欠かせない神経伝達物質・セロトニンの原材料となるトリプトファンがたっぷり含まれています。

 

そして、青汁に使われているケールには、各種ビタミンがバランスよく含まれて疲労回復に役立つだけでなく、なんと、睡眠物質のメラトニンそのものが含まれているのです。

 

ですから、味さえ気にならなければ、「温かい牛乳に、ケールの粉末青汁を2杯分の量、溶かして飲む」という形にすれば、かなりの安眠効果が期待できるはずですよ。

 

やっぱり定番!ハーブティー

「牛乳+ケールの粉末青汁が安眠にいいのはわかったけど、せっかくのティータイムなんだから、もっとティータイムに適した飲み物を飲みたい」という場合は、

 

リラックスドリンクの定番とも言える、
ノンカフェインのハーブティーがおすすめです

 

入手しやすく、しかも日本人好みの香りでおすすめなハーブティーの代表格となるのは、やはりカモミールですね。アロマを楽しむくらいの気持ちでカモミールティーの香りを胸いっぱい吸い込みながら、ゆっくりとティータイムを楽しみましょう。
心身ともに疲れがほぐれ、自然とリラックスした気分になれますよ。

 

薬膳レベルの安眠効果!?ナツメ茶もおすすめ!

疲労回復と安眠に役立つドリンクとして、もうひとつおすすめしたいのが「ナツメ茶」です。

 

ナツメ茶の原材料となるナツメは、ビタミン・ミネラルがとても豊富で、ホルモンバランスや血行を改善し、疲労回復にもとても役に立つと言われています。
中国では薬膳にも使われているほどの、確かな効果が期待できる存在ですよ。

 

そしてさらに、ナツメは安眠にも効果的だと言われているのです。ナツメには神経を落ち着かせるカルシウムだけでなく、憂うつな気分や不安感を改善してくれる葉酸も豊富に含まれているんですよね。ですから特に「疲れているだけでなく、神経質なのが災いして眠れなくなるタイプの不眠」を抱えている人にとっては、ナツメ茶の効果が大いに期待できるのです。