セロトニンと睡眠の関係

良質な睡眠を実現するために、欠かせない存在となるのが、神経伝達物質のひとつ「セロトニン」です。

 

ここでは、セロトニンと睡眠がどんな関わりを持っているのかについてご説明しましょう。

 

セロトニンが睡眠のためにもたらす、大きな役割とは?

セロトニンがどうして、良質な睡眠を実現するために欠かせない存在なのかというと、
セロトニンは、眠気を誘発するホルモン「メラトニン」の生成を助けてくれるからなんですよ。

 

メラトニンの量が不足してしまうと「眠気が来ない」と言う状態になってしまうため、それをたくさん分泌させるためには、セロトニンを増やすことが不可欠なのです。セロトニンが少ないと、メラトニンの生成促進が不十分になってしまうわけですからね。

 

また、セロトニンの作用は、メラトニンの生成促進だけではありません。セロトニンは興奮やイライラを鎮め、精神的に落ちついた状態を作り出す、という作用も持っているんですよ。「日中のストレスがそのまま心の疲労となって不眠を招く」というような状態を、改善してくれるというわけです。

 

ですから、疲労による不眠を改善・解消したいなら、
セロトニンをしっかりと体内で作り出すよう工夫していくことが必要となってくるのです

 

セロトニンの増やし方

では、不眠を改善・解消するために体内のセロトニンを増やすには、どうしたらいいのかというと・・・
以下のような方法が効果的です。

 

朝はかならず光をしっかり浴びて、活動のためのスイッチを入れる。
食べ物はよく噛んで食べる。
セロトニンの原材料となるトリプトファンが豊富な、乳製品やバナナ・大豆製品を積極的に食べる。
深呼吸をする。
たとえデスクワークでも、合間にストレッチをするなど、適度に体を動かす。

 

このような工夫をしばらく続けてみても「まだまだ夜の眠気が足りないな」という場合は、
セロトニンの体内生成をサポートしてくれるサプリメントなどを利用してみるのも手ですね。